Windows Live メール 2011 設定済み内容の確認方法

STEP 1

【スタートボタン】()→
【Windows Live メール】クリックします。


Windows Live メールが見当たらない場合、
【スタートボタン】クリックし、
【すべてのプログラム】
【Windows Live メール】クリックします。

 

STEP 2

画面上の【アカウント】クリックします。


 

STEP 3

【プロパティ】クリックします。


 

STEP 4

【全般】のタブをクリックし、各項目を確認します。


メールアカウント

 任意の名前(例:pop.pikara.ne.jp)

 確認しているメールアカウントの設定名です。
 ここに入力した名前がアカウントの項目に表示されます。

名前(N):

 お客さまのお名前ニックネームなど、
 自由に入力することができます。

 ※ここで入力されたものが
 メールの送信者名(差出人名)になります。

会社(O):

 任意で会社名を入力します。
 空欄のままでも問題ありません。

電子メール アドレス(M):

 お客さまのメールアドレス ※半角入力

返信アドレス(Y):

 「電子メール アドレス(M:)」に入力したメールアドレス
 とは別のメールアドレスで、返信メールを受信したい場合に
 任意で入力します。

メールの受信時および同期時にこのアカウントを含める(I)

 必ずチェック

 ここにチェックが入っていない場合、
 正常に送受信が行われません。

 

STEP 5

【サーバー】のタブをクリックし、各項目を確認します。

確認が終わりましたら【設定(E)...】クリックします。


受信メール サーバーの種類(M)

 POP3 ※半角入力

受信メール(POP3)(I):

 pop.pikara.ne.jp ※半角入力

送信メール(SMTP)(U):

 smtp.pikara.ne.jp ※半角入力

ユーザー名(A):

 お客さまのメールアドレス ※半角入力

パスワード(D):

メール用パスワード ※半角入力

パスワードを保存する(W)

 通常はチェック

 ここにチェックが入っていない場合、
 送受信ごとにパスワードを入力する必要があります。

クリアテキスト認証を使用してログオンする(C)

 選択

このサーバーは認証が必要(V)

 チェック

  この項目にチェックが入っていることにより、
 【設定(E)...】クリックできるようになります。

 

STEP 6

【詳細設定】タブをクリックして各項目を確認し、
【OK】クリックし、画面を閉じます。


送信メール(SMTP)(O):

 587 ※半角入力

このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q)

 通常はチェックを外す

受信メール(POP3)(I):

 110 ※半角入力

このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C)

 通常はチェックを外す

サーバーのタイムアウト

 メール受信中にタイムアウトしてしまう場合などは、
 タイムアウト時間を長く変更します(最長で5分)。

次のサイズよりメッセージが大きい場合は分割する(B)

 任意でチェック

サーバーにメッセージのコピーを置く(L)

 チェックを外す

 ※このチェックを入れておくと、
 サーバーにメッセージのコピーを残します。
 別のパソコンでも同じメールを受信したいときなどに
 チェックを入れます。
 但し、メッセージのコピーがサーバーに大量に
 残りますと、新しいメッセージを受信できなくなる
 ことがありますのでご注意ください。

これでWindows Live メール 2011
の設定済み内容の確認方法は完了です。

「メール送受信方法」へ進む

このページはお役に立ちましたか?

このページ内容について、ご意見をお聞かせください(任意)。

  • ※お名前、電話番号など、個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※このフォームでのお問い合わせはできません。

教えてピカラで聞いてみる