不正侵入対策

不正侵入とは?


インターネットは世界中につながっているため、
パソコンがインターネットにつながっている
ということは世界中のネットワークにつながっています。

中にはセキュリティーホールのあるパソコンを探し、
不正侵入を試みる悪意のあるアクセスをする者もいます。

パソコンに侵入されると、ウイルスを仕組まれたり、
保存されているファイルを勝手に消去されたり、
クレジットカード番号などの個人情報が盗まれたり
といった恐れもあります。

対策方法

セキュリティホールを悪用した不正アクセス
の対策をするには、セキュリティーホール
による欠陥を補正することが最も有効な手段です。

不正侵入は、ソフトウェアのセキュリティーホール
を利用するものが多いので、常にOSやソフトウェアを
最新の状態にしておきましょう。

ソフトウェアメーカーによる修正プログラム
が提供されますので、対策を行いましょう。

Windowsの場合は「MicrosoftUpdate」を
MacOSの場合は「ソフトウェア・アップデート」を
行うことで修正プログラムを適用することができます。

ファイアウォールとは防護壁のことで、
不正侵入を試みるアクセスを遮断し、
必要な通信だけを通す仕組みのことです。

ルータを使わずにインターネットに直接接続
するような場合(ダイヤルアップ接続や
一部のオンラインゲームで遊ぶ場合など)は、
パソコン自体にファイアウォール機能を
持たせる必要があります。

より強固にする場合には、ファイアウォール機能
があるウイルス対策ソフトを導入していただくと
よいでしょう。

ピカラ光ねっとでは、
カスペルスキー セキュリティ」(3台分無料)
が標準装備となっておりますが、
Windows版の「ネットワーク監視
という機能では、ハッカーからの不正なアクセス
をブロックし、個人情報漏洩を自動防御します。

また、インターネット詐欺対策ソフトとして
詐欺ウォール」(3台分無料)
もご提供しており、同時にご利用いただけます。

こちらよりお申し込みの上ご利用ください。

このページはお役に立ちましたか?

このページ内容について、ご意見をお聞かせください(任意)。

  • ※お名前、電話番号など、個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※このフォームでのお問い合わせはできません。

教えてピカラで聞いてみる