無線LANの設定前にご確認ください

無線LANは他人に無断で使用されないよう、
暗号化して利用します。


無線LANを利用する場合、まずは
ブロードバンドルーターの設定が必要となります。
下記をご確認の上、設定を行ってください。
ブロードバンドルーターの設定方法

親機に記載されている「無線LAN設定内容」の確認

市販の多くの機器では、
ネットワーク名(SSID)
暗号化方式
暗号化キー
などが、あらかじめ設定され出荷されており、
親機本体の側面や裏側などに貼り付けた
ラベルに記載されています。


暗号化方式」は
【プライマリー SSID WARPSTAR-XXXXXX (初期値:AES)】
【セカンダリー SSID WARPSTAR-XXXXXX-W (初期値:128bitWEP)】
のように設定されております。

これらの情報は、子機(パソコンやスマホやゲーム)側
の設定をする際に必要となります。

より強固な暗号化方式の選択

無線LAN端末(子機)が
【WPA2-PSK(TKIP/AES)】
【WPA-PSK(TKIP/AES)】

に対応している場合は、
WEPより強固な暗号化方式であるため
変更することをおすすめします。

暗号化規格のセキュリティ強度:【強】 WPA2 > WPA > WEP【弱】
暗号化方式のセキュリティー強度:【強】AES > TKIP 【弱】
認証方法:個人用途の無線LANでは、ほとんどの場合PSKとなります。
無線LAN(Wi-Fi)の設定が上手く行かない
などのお悩みは、こちらをご覧ください。

このページはお役に立ちましたか?

このページ内容について、ご意見をお聞かせください(任意)。

  • ※お名前、電話番号など、個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※このフォームでのお問い合わせはできません。

教えてピカラで聞いてみる